“ゼロ密”配慮で屋外活動~ アメリカ・オニアザミ除去

 

 箕面で危険な外来種アメリカ・オニアザミの除去を目指す市民グループが、5/5午前に同市外院3丁目の空き地などで、“ゼロ密”=「3密」回避に配慮しつつ約50株を除去。

 

 作業者はマスクをして2m以上のディスタンス(距離)をとり、低密度で作業。

続きを読む

箕面市が呼びかけ~公園での人との接触を控えよう!

 

 箕面市が公園の利用でも、人と人との接触を控えるよう呼び掛けています。
 先日、市内の公園に貼り出された看板です。【写真】

続きを読む

みのおキューズモール・4/23 静かに一部オープン ~ 2階デッキを大幅緑花!

 

 箕面市かやの中央のショッピングセンター「みのおキューズモール」(東急不動産経営)は、4月上旬から当面の間は「全館休館」中。
 その中で、同モールの中核的な役割を担うイオン店などが、4/23(木)からオープン。


 昨秋からの改修が終わったセンター棟(旧イオン棟)の一部を、食料供給のライフライン(命綱。生活に必須のインフラ)としてオープンしたもの。

 

 訪れると、センター棟1階では食料品(「イオンスタイル」店)を中心に鮮魚・肉・野菜などのお店がズラリ、ほぼ全フロアがオープン
 かつてはイオン店(今回、撤退)だった2階は、大型フードコーナー(飲食用公開席650席)がメインの予定ですが、現在のところバン店・ドラッグストアなど数店のみが開店。
 
 また“花とみどり”から注目されるのは、長らく雑草のまま放置されてきた2階デッキの花壇帯を大幅に改装し、さわやかな花とみどりのオープン・スペース(「キューズデッキ」)へとグレード・アップさせたこと。

続きを読む

花とみどりの催し2件が中止/16日「企画・交流会」&29日「れんげまつり」/ネット・屋外活動などは工夫し取組へ

 

 時節柄、箕面でこの4月に予定されていた下記の花とみどり関連の催し2件が 中止されました。

 

(1)4/16(木)「花とみどりの企画・交流会」(主催:NPO花とみどり)
     ※ 次の会合は、7月以降の予定。

 

(2)4/29(祝)「石丸れんげまつり」(主催:同まつり実行委員会)

続きを読む

タッキー「みのおNOW!」が、《古井戸公園》の活動紹介

 

 箕面のFM放送「タッキー」のネットニュース「みのおNOW !」が、3/25(水)に行われたかやの中央の《古井戸公園》での屋外園芸活動の様子を紹介しました。
 活動したのは、この公園の自主管理を行う「みのお園芸ファーム」(代表:上田さん)の皆さんです。

続きを読む

情緒ある水彩画・シクラメン 【花とみどりの箕面ウェブ美術館No,2】

 

 冬のお花として人気の "シクラメン" のすばらしい水彩画を発見!

 

 葉っぱはリアル、ピンクのお花はややぼかしつつ情緒的に表現ー別名・カガリビバナ(篝火花)にふさわしい やや思い切った描き方・・。

 

 facebookで偶然に見つけ、早速、掲載をお願い。 

続きを読む

危ない外来オニアザミを取り除こう! ~ 箕面で市民組織が活動強化へ

 

  鋭いトゲいっぱいで小さな子供さんなどにとって危ない外来種で、既に市内あちこちで発見されているアメリカ・オニアザミを取り除こう!と、箕面の市民組織が活動を強めています。

 

(1)専用のfacebook開設
 まず、この12/27からアメリカ・オニアザミ専用のfacebookページを開設。
 情報収集と意見交換との本格化を目指します。
              ↓
https://www.facebook.com/groups/1229031473958625/?ref=bookmarks

続きを読む

たねダンゴで“お花草原”にチャレンジ ~11/30 木戸が池緑地でイベント ~ ボランティア募集中!

 

 箕面・かやの中央の「木戸が池緑地」で、11/30(土)にたねダンゴで“お花草原”づくりにチャレンジし、この公園を魅力アップしようとのイベントが開催されます。

続きを読む

箕面の市民団体~11/16・17 万博公園・都市緑化フェアで、「環境配慮」の “たねダンゴ”づくり開催

 

 万博公園で11/16・17開催の「おおさか都市緑化フェア(府など主催)」に、「箕面・たねダンゴ実行委員会」&「NPO花とみどり」が、昨年に続き新園芸手法“たねダンゴづくり(ワークショップ=体験教室)”で出展(出店)します。

続きを読む

親子イベント「花と話そう」や 外来生物問題など ~『花とみどりの にゅーす・れたー第5号』発行

 

 このほど『花とみどりの にゅーす・れたー 第5号』が発行され、現在、配布中(10/17。「NPO花とみどり」)。
 この半年間の活動を紹介、そのスケルトン(骨子)は次のとおり。

続きを読む

11/3『山とみどりのフェス』開催~ “花とみどりのマルシェ”は駅前ステージで

 

 11/3(祝・日)に、箕面の滝道一帯(箕面駅前~瀧安寺前広場)で『山とみどりのフェスティバル』が開かれます。(主催:箕面市&NPO山麓委主催。出展:NPO花とみどりなど多数の団体)


 開催時間は、10時半~15時半。

続きを読む

締切り10/27に延期・・花とみどりの楽習バスツアー

 

 10/30(水)に“癒やし”をテーマに秋の淡路島を訪ねる「花とみどりの楽習バスツアー」の参加申し込み期限を、10/22→10/27(日)へ伸ばします。
 定員40人に対し申込み28人(10/21現在。定員の70%)で、定員にまだ余裕があるので・・。

 

 お花観賞が中心的だった従来のツアーから、今回は園芸セラピーや香りの楽習(楽しく勉強)へと、少しアングルを変更・・。
 「30年前からハーブを愛好しお花や香りに癒やされてきた」「今回のツアーが楽しみ」と申し込まれた方などもいます。

 

 今回のツアーは親子がお花でブーケを作るイベント「花と話そう」(注)の盛況などから気がついて、お花の栽培中心の花とみどりの今までの活動を、癒やし・健康・文化などへ“総合的に広げては・・”との試みの一環です。
(注)「花と話そう」=「服部緑地で子連れのお花教室がママたちに大人気」との話が発端で、あまり前面には出していませんでしたが、当初からママの育児ストレスへのセラピー効果は意識・・。

続きを読む

秋の淡路島へ「花とみどりのバスツアー」10/30、“癒やし” がテーマ ~参加者募集!

 

✿ 秋の淡路島を訪ね ~ ” 海・丘・花のさわやな一日 ” を
 ”海・丘・花のさわやな一日”を掲げ「花とみどりの楽習バスツアー」が企画され、10/30に淡路島を訪れます。

 

 淡路島は、神々の手による日本列島誕生の物語(神話)で最初に作られた島とされるなど神秘・歴史があり、また自然もとても豊か・・。
 訪れる人々を癒(い)やしてくれる島といえるでしょう。

 

 現代の淡路島の花とみどりにちなむ2つの”癒やしスポット(施設)”を巡るバスツアーを、「NPO花とみどり」が企画し参加者を募集中です!

続きを読む

NHK Eテレ「趣味の園芸」で、“たねダンゴ” 放映~9/22(日)

 NHK Eテレの日曜朝の番組「趣味の園芸」で、9/22(日)朝8時半から“たねダンゴ”が 取り上げられます。
 公園にたくさん植えて、お花畑を作るようです。

         ↓

https://www4.nhk.or.jp/syumi-engei/x/2019-09-2/31/31478/2560296/

 

 ※再放送:①9/24(火)AM10:25~、②9/26(木)PM0:30~。(番組全体は、25分間)

 

 たねダンゴは、お花づくりの新しいツール。
 箕面地方(近隣市域を含む)では、昨年度から箕面たねダンゴ実行委員会が中心になって、年度内に2,000個以上(子ダンゴベース)の普及に努めました。

 今年も普及を進めるとともに、個別栽培とともに集団栽培がその特性にあっているのではないかとーこのTV番組で紹介されるようにお花畑づくりを検討中(候補:木戸が池緑地)です。

続きを読む

危険な外来オニアザミから、小さな子供たちを守ろう! ~ 9/14に市民が会合

 

 1960年代に北海道への侵入が発見され、その後、本州・四国にも広がったとみられるトゲをもつ外来植物のアメリカ・オニアザミ。


 箕面からこの危険な植物を除去し「小さな子供たちを守ろう!」という会合が、9/14(土)に開かれます。

続きを読む

箕面・瀬川で “石澄川 花の散歩道” が完成!→ セレモニー開く

 

★ 6年間かけて・・

 

 箕面の瀬川地域で、木々のこかげのもとお花や清流を眺められる“石澄川(いしずみがわ)花の散歩道”(63m)が、箕面川との合流点北側の石澄川東岸に、昨秋、整備。
 その際に植えられた花木・草花がこの春に見事に咲き、お披露目のセレモニーへ・・。

 

 現地で5/12(日)にセレモニーが開かれ、「散歩道」の関係者や住民など約40人が集まりました。

続きを読む

新緑とお花の中で“お餅つき大会”/花壇をつくろう会 & みのおエコクラブ

 

 箕面市西宿の「憩いの場」で、「子供の日」の5/5に今どきやや珍しいとみられる“お餅つき大会”が開かれました。

 市民組織「花壇をつくろう会※1」「みのおエコクラブ※2」が、各々の再発足5周年・発足15周年を記念した合同祝賀会を開催。

 ※1:代表・二宗(にしゅう)さん。
 ※2:代表・佐藤譲(ゆずる)さん
 
  会員を中心に事前に申込んだ~ちびっ子連れの若い世代から年配者までの男女43人(主催者)が集いました。

続きを読む

問題外来種で危険植物のアメリカオニアザミ/箕面川で発見→すばやく除去

 

 箕面川下流の瀬川で、問題外来種で危険植物でもあるアメリカオニアザミ十数株が発見されました。
 見つけたのは、付近の川清掃などを行うボランティア組織「みのお川を美しくする会」メンバーで外来生物問題にも関心をもつ大濱さん。

 

 アメリカオニアザミは法規制を伴う「特定外来種」ではありませんが、環境省が問題があるとしてリストアップする外来種(「生態系被害防止外来種」)で、かつ鋭い棘(とげ)があり人などにとって危険な植物。
 ヨーロッパ原産で、1960代に渡来(環境省資料)。
 既につぼみができ、タネの飛散も間近・・。
 また、第一荘園橋があり支流・石澄川(いしずみがわ)が合流するこの付近は、川の清掃や草刈りのボランティア活動などが活発な場所。

 

 「急ぐ必要がある」との判断から、発見から2日後の4/30に同会メンバー3人が除去しました。

続きを読む

桜植樹ファミリーが “お花見ウォーク”/新駅周辺の千里川沿いで桜の回廊づくり

 

 箕面・萱野でこの3月に桜の苗木を植樹したファミリー(親子)が、桜満開の4/7(日)に“お花見ウォーク(ハイキング)”として、自然豊かな千里川沿いの植樹地を再訪問。
 付近は、西国街道が通り48番目の義士(忠臣蔵)・萱野三平さんの生まれ故郷で、豊かな歴史性のある地域です。

 

 主催は、桜の植栽を含め「里山散策路を作ろう会」(代表:南里(なんり)さん。植樹担当:佐藤譲さん)。
 この日の参加は、同会の世話役8人を含め23人。
 
 一行は、新鉄道駅工事(北大阪急行・箕面萱野駅。2年後に完成予定)が進む かやの中央・キューズモール(ショッピングセンター)の「みのお市民活動センター」前からスタート。かやのさんぺい橋を渡り「千里川桜通り」へ、ちょうど桜が満開。

続きを読む

「箕面・花とみどりの学校」生徒さん募集終了 / 第3期スタートへ

 

 生徒さんを募集していた「箕面・花とみどりの学校」(運営委員長・甲角(こうすみ)裕子さん)は、このほど応募が定員に達し募集を終了。


 この2/23(土)から「みのお市民活動センター」などを会場に、第3期「園芸基礎コース」がスタート。

続きを読む 1 コメント

いよいよ春!  2/24 「箕川・梅まつり」開く

 

 この2/24(日)に、箕面の春のスタートを告げる「箕川(みのかわ)・梅まつり」が開催されます。


 主催は、住民組織「箕川・水とみどりの会」。

続きを読む

◆続報◆「空中環境DNA」で “鳥類調査” も・・/静岡の高校生が世界初?!

 

 「朝日」(12/21付)によると、静岡県の掛川西高 自然科学部の2人が、空気中の「環境DNA」を調べて鳥類の調査を試み、このほどコンテスト「第16回高校生科学技術チャレンジ(JSEC)」(朝日新聞社等主催)で「文部科学大臣賞」を受賞。


 こうした「空中環境DNA」調査は、世界初ではないかといいます。

続きを読む

「環境DNA」調査で生きもの情報を全キャッチ/箕面で高校生の手で体験会開く

 

 水中などに散らばる「環境DNA」を集め解析し生息する生きものの全体像を一網打尽的にキャッチするという最先端の科学調査の体験会が、高校生の手でしかも小学生以下も対象にするユニークなスタイルで、このほど箕面で開かれました(12/22)。
 (注)DNA=デオキシリボ核酸の略。この核酸は生物の遺伝にかかわり、「遺伝暗号」といわれる4種類の塩基(一言でいうと、水に溶けるとアルカリ性を示す物質)を含みます(たった4種類。でもその組み合わせは、実に多種多様・・)。

 

 開催は、箕面・萱野にある「らいとぴあ21(市立人権文化センター)」が行う“まなびカフェ”。


 企画・運営は、大阪高等学校(学校法人大阪学園:大阪市東淀川区)の「科学探究部」の生徒たち。

続きを読む

「箕面・花とみどりの学校」“第3期生” 募集! ~美しいお庭や街づくり目指し~

 

市民が「学校」を開校

 

 市民組織「箕面・花とみどりの学校 運営委員会」(甲角(こうすみ)裕子委員長)は、このほど第3期の「園芸(初級)基礎コース」の開講を決め、生徒さんの募集を開始。

 

 この間、市の助成打ち切りで苦境に立ったのですが、運営委員会は約1年間話し合い、“花とみどりの街づくり”を進める上での人材育成の重要性を再確認。

 様々な工夫や費用の緊縮、授業内容のレベルアップに努め、市民の手で再び来年2月から開講します。

 

 この「学校」は“美しい花とみどりの街づくり”を目指し2014年9月にスタート。 2017年12月までの3年間余で、箕面市民を中心に約60人(第1期・第2期合計)の卒業生を送り出しました。

続きを読む

『花とみどりの “にゅーす れたー” 第3号』~グラビア版でご紹介

 

 「NPO花とみどり」は、この半年間の諸活動をピックアップした『花とみどりの“にゅーすれたー”(ニュースレター)第3号』を発行(10/23。カラーA4版2ページ)。

 

  ここでは、各記事の「見出し」「サマリー(概要)」「(現時点での)追加情報」「写真」をコンパクトにまとめ、いわば“グラビア版”としてご紹介します。

 

  ※ このHPの『にゅーす れたー』ページに、データ収録。(ダウンロードOK)。
   現物は、みのお市民活動センター(かやの中央)に設置。

 

続きを読む

“ハロウィーン”ささやか+華やかにデビュー/NPOフェスタ「花とみどりのマルシェ」

 

 今年のNPOフェスタ(10/28)の「花とみどりのマルシェ(市場)」に、今年から“花とみどりのハロウィーン”がデビュー!

 

 9月の花育イベント「花と話そう」に参加したママなどの発案で、実施へ。

続きを読む

花とみどりのマルシェ~ 10/28「NPOフェスタ」に出展/今年はハロウィーンも!

 

 いよいよ秋本番ですね。

 

 10/28(日)「NPOフェスタ」に、従来からの「NPO花とみどり」「みのお園芸ファーム」に加え、初登場の「たねダンゴ実行委員会」が、“花とみどりのマルシェ”としてかやのさんぺい橋にそろって出展(出店)します。

 

 たねから育てたお正月向けの葉ぼたんの苗の配布や、お花いっぱいへの たねダンゴづくり体験を行います(いずれも募金付きで)。

続きを読む

スイセン150球植える/台風迫る中・・「木戸が池緑地」魅力アップ第1弾!

 

 箕面・かやの中央地区南部の「木戸が池緑地」を市民組織「公園・緑地魅力アップ委員会(注)」が管理を始めて1年半、魅力アップの具体アクション第1弾としてスイセンの球根約150個を池の周囲の木道沿い斜面のすそに植えました(9/30)。
  (注)NPO花とみどりグループの一員。
     市の住民による公園の「自主管理制度」に基づき、活動中。

 

 同委員会の「魅力アップチーム」では、地域住民に呼びかけ、この「緑地」の魅力アップのあり方を話し合っていますが、今回、地元の方からのスイセンの球根を寄贈の申し出を受け、議論と並行してテスト的にスイセンを植えることに・・。

続きを読む

公園の いらない お花で、子供+ママがきれいな “花飾り”/「花と話そう」イベント

 

 今の季節、公園花壇を葉ぼたんなどの冬花壇へと切り替えるため、夏花壇のお花がいらなくなり、開花中でも、順次、撤去へ・・。
 でも撤去されるお花はまだ美しく、「これで“花飾り”を作ろう」・・と、ユニークなイベント「花と話そう」を開催(9/29。主催:みのお園芸ファーム & NPO花とみどり)。

 

 しかし、あいにくの雨で、公園ではなく室内で開催(市民活動センター)。
 4組の親子10人が、参加。
 うち3組は、昨年に続くリピート参加。この催しは、何か魅力があるよう・・。

 

 スタッフ8人を加え、総勢18人で開催。

続きを読む

9/22・23 万博公園「都市緑化フェア」で『たねダンゴ教室』開く・・NPO花とみどり & たねダンゴ実行委

 

 9/22(土)23(日)、万博公園で開かれる「おおさか都市緑化フェア」(府主催)に、「NPO花とみどり・箕面」と同NPOと連携した新組織「たねダンゴ実行委員会」とが『たねダンゴづくり教室』で出展。雨天決行です。

続きを読む

お花いっぱいの “たねダンゴ” 普及へ スタッフ募集! 9/9「説明会」

 

 「NPO 花とみどり・箕面」は、いま話題の新しいお花の育て方=“たねダンゴ”に注目。それは同NPOが掲げるミッション“花とみどりあふれる街づくり”に、“たねダンゴ”が役立つのではないかとの見方から・・。
 
 まず期待されるのは、比較的に簡単に作れる“たねダンゴ”が子どもを含め多くの人々のお花づくり参加のハードルを下げるだろうという“花育効果”

 

 次には、“たねダンゴ”の寄せ植え・花束型とも言われる華やかな開花が空き地などで繰り広げられれば、 “お花の街づくり効果” が生まれるでしょう。

続きを読む

子供も大人も興味いっぱい!~ “たねダンゴ” づくり / 西小・ザ☆バザ~る

 

 このほど箕面・西小校区青少年を守る会主催「ザ☆バザ~る」の中で“たねダンゴ”づくり※が、特別企画「学校・地域緑化事業」として行われました(7/1)。
 ※主催:NPO 花とみどり、
  協力:あじさいの郷(さと)夢プロジェクト(西小校区 住民組織)。

 

 “たねダンゴ”とは、肥料など入りの土ダンゴに各種のお花のタネをまとめて練り込み、これを花壇などに植え「お花をいっぱい咲かせよう!」という新しいたねまきのやり方。

 

 東北地方の震災復興の中で、小さな子どもでもできるお花づくりの方法として始まったそうです。

続きを読む

地震で展示期間延長/箕面の“農”に光をあてる! 『古民家』パネル展 開く・市民まちなみ会議

  

 このパネル展は、地震の影響による数日間の会場閉鎖を受けて、6/28(木)まで展示中です。 

 

 パネル展『箕面の古民家』が、「みのお市民活動センター」(かやの中央)で開催中(主催:みのお市民まちなみ会議=今枝会長)。

 箕面の古民家(主に農家)を巡り約500軒を写真撮影、パネル展へ。
 併せて、情緒あるみどりの田園風景の絵画も展示。
 
 時代の流れにそって、箕面の“農”に光りをあてる催しといえるでしょう。

続きを読む

美しい “バラ園”3つも!~ 箕面・粟生外院

 

 このほど箕面・粟生外院に、「バラ園」が3つもあることが判明!

 

 まずは、従来から比較的知られていた粟生外院の住宅街にある「K-garden」で、南北2園あります。

 

 箕面市HPトップの《みのおどっとネット》が、「粟生外院のバラ園、今年も乱舞!」と紹介。

 

 

  こちらは、以前から比較的知られていました。

続きを読む

“廃TV” ホッと物語 ~ 1か月にわたり「木戸が池緑地」でやりとり・・

 

 箕面の公園「木戸が池緑地」(かやの中央)に捨てられた“廃TV”を巡る〈ホッと物語〉をご紹介。

 

 5/21・・公園でごみ拾い中のボランティアさんが “廃TV” 発見!

 大きく重たい・・

 フツーは市が「大型ごみ」で有料回収、でも公園へ捨てたらタダ!??。

 

 即、公園管理者の市に報告、でも「どうしたら、エエんか・・」~ボランティアさんは悩みます。

続きを読む

“れんげまつり” 4/29 箕面・石丸で開く・・市民組織も「花苗配布」などで参加

 

   4/29(祝)に、箕面市石丸で午前10時~午後3時まで“れんげまつり”開催!

   現地(石丸1丁目29付近)では既にれんげが満開【写真】、予報では当日はお天気もよさそう・・。

続きを読む

「名前をズバッ」~待望のお花などの“名前判定アプリ”間もなく公開!・・「朝日」報道

 

 4/14付「朝日」夕刊は「鳥や花をパシャ 名前をズバッ」の見出しで、スマホでお花などの生物を撮影して利用すると、自動的に名前を判定するアプリが間もなく公開されると報じました。

続きを読む

箕面・千里川沿い/子どもたちなど桜30本を植樹 ~“萱野三平ゆかりの桜の回廊”へ

 

 このほど子どもなどボランティアが、箕面市萱野5丁目の市立病院の北を流れる千里川沿いで、桜30本(ソメイヨシノ20本+ヤマザクラ10本)を植樹・・。

 26組の保護者と子ども、学生を含むスタッフなど、総勢80人が参加。

 

 市民がつくる「里山散策路を作ろう会」(代表:南里(なんり)さん)が呼びかけ、3/11に開催。

続きを読む

箕面川の田村橋で、開花目前の桜の大木などをバッサリ・・府池田土木事務所

 

 箕面川の田村橋横の樹齢70年の桜の大木を含む川辺林(=河畔林。7本余)を、1月に河川管理者の大阪府池田土木事務所が予告もなくいきなりほぼ根元からバッサリ伐採。

 

 長年この水と緑の景色に親しんできた周辺住民などから、驚きと批判の声が・・。

 みどりのまちづくりを進める市やNPO(NPO山麓委員会・NPO花とみどり)なども同様の反応・・。

 

(注)NPO山麓委員会=山のみどり

   NPO花とみどり=街(平野)のみどり を担当。

続きを読む

春が来た! パンジーの苗 配布~好評 / 箕面で花とみどりの “早春のマルシェ” 開く

 

 暖かく「春が来た!」3/3に、ボランティアたちがタネから育てたパンジーの苗を配り街の緑花を呼びかける “早春のマルシェ(市場)” が箕面で開かれました。

 

 主催は、公園花壇のお世話をする「みのお園芸ファーム」と「NPO花とみどり」。

 同NPOが取り組み中の「ウィンター・キャンペーン」の一環として資金確保も兼ね、苗は募金を呼びかけつつ配布・・。

 

 かやの中央の「みのお市民活動センター」前の広場で午前10時から “マルシェ” が始まると、来訪者が次々と・・。

 実はいつもよりやや少なめの数だったのですが、配布スピードは早めで用意した280ポットの苗は予定より2時間早い午後2時頃には「売り切れ」に。

続きを読む

春 間近 「箕川・梅まつり」開く~ 住民パワーに支えられ・・

 

 春が近づく中で、2/25(日)に箕面市粟生外院(あおげいん)の箕川(みのかわ)沿いで、「梅まつり」が開かれました。

続きを読む

春を告げる「箕川・梅まつり」2/25 に開く ~ 甘酒も用意・・

 

 箕面の東部・粟生外院(あおげいん)の箕川(みのかわ)沿いで、いよいよ春を告げる「梅まつり」が2/25(日)に開催!

 

 現在(2/21)は「チラホラ咲き」「つぼみ膨らむ」など・・、今週の気温次第では開花はかなり進むでしょう。

続きを読む

 市民の手で“花とみどりの街づくり”を前へ! ・・「NPO花とみどり」が 決意新たに「ウィンター・キャンペーン」


 今、「NPO花とみどり」が、箕面での花とみどりの市民的活動力を高めるための《ウィンター・キャンペーン》(~3/10)を実施中。

 

 日本では「国難」ともいわれる超高齢時代などへ向かう中で、財政難の行政は“花とみどり”の様々な場面から後退気味、一方、花とみどりの街づくりなどへの市民ニーズは高く、これからはこうした街づくりを“市民が支える時代”へ向かうだろうとの見方が出ています。

 

 この傾向は国内外に共通で、例えば次のよう・・。
 
アメリカのボランティアによる公園・街路樹のアダプト(行政と市民との協働)制度の背景には、行政の財政難が・・。(アメリカのこの方面の実情に詳しい兵庫県立大 研究所A先生の指摘)


「「協働」の概念は、・・二つの意味」で使われている。一方では行政・市民・NPO等のパートナーシップという理念で、他方では(財政難の中で)公私協働を掲げた公共部門の縮小・民間開放(民間への依存・活用)という(現実的な)意味で・・。(この分野を研究する大阪大院 法学研究科O先生の論文)


 従来は「理念」がやや一面的に強調されてきましたが、その背景には現実的な事情が・・との見方ですね。

 

 同NPOではこうした現実(リアリズム)に立ち、市民が“花とみどり”活動を“前進”させる時代へ進むとの見方で、「市民の知恵・ボランティア力・資金力などで、“花とみどり”あふれる街に・・」と呼びかけます。


 つまり、花とみどりの市の助成金などが打ち切られても、市民ニーズに基づき活動は進めようとの決意を固めつつあります。


※ これらの見方について、同NPOでは検討を深める予定(ご意見を。

 

 《キャンペーン》を始めてから、趣旨に賛同しかなりの顎の募金を寄せられた女性や、「花とみどりの友の会」「NPO花とみどり」に同時入会された男性などが少しずつ出ています。

続きを読む

『花とみどりの “にゅーす れたー”』発行~市民の手でスッキリした「木戸が池緑地」など紹介

 

 箕面の花とみどりのボランティア活動を紹介するため、「NPO花とみどり」がこのほど『花とみどりの“にゅーす れたー”』を発行。

  第0号(昨年2月)・第1号(同10月)に続く、第2号。

続きを読む

住民がデザイン抜群の沿道花壇/箕面・小野原西「サンシャインロード」でお花の街づくり

 

 箕面市に最近できたニュータウン地区「小野原西(5・6丁目)」で、“住民と事業者(お店)とによる花とみどりのストリート(街)づくり”が進行中。
 市民の方からここの沿道花壇の紹介(投稿)があり、あらためて現地へ・・。

 

 この地区を東西に貫く「サンシャインロード(末尾に注)」の沿道花壇は、住民の女性たち(同ロードクラブ。代表:藤井和代さん)の手でお花が植えられて来ました。
 今回、じっくり見て、そのデザイン抜群をあらためて「発見」!。

続きを読む

はじめ“どろんこ” のち笑顔 ~ レンコン大豊作!/きらきらさくら広場・みのおエコクラブ

 

 12/23(土)に箕面・新稲(にいな)の農園「きらきらさくら広場」の池で、“どろんこ”の中でレンコン(蓮根)を収穫するやや珍しく貴重なイベントが・・・。(主催:みのおエコクラブ)

 

 まず、長靴姿の男女の大人が大きなシャベルで、池底の泥を厚さ30~50cmほど取り除きます。

 

 泥は水を含みシャベルは重たく・・、買い物慣れした女性たちは思わず異口同音に「レンコン(の値段)が高いのが、よく分かる!!」

続きを読む

11/26『NPOフェスタ』~「花とみどりのマルシェ」は“葉ぼたん文化”普及などに取り組む

 

 11/26(日)に箕面・かやの中央の「みのお市民活動センター」の内外一帯で、日頃の市民活動の成果をPRする『みのお・NPOフェスタ』が開かれます(主催:同センター)。

続きを読む

箕面・かやの中央の新駅前の公園「木戸が池緑地」の魅力アップを ~11/19にワークショップ

 

 箕面・かやの中央(キューズモール)に、新しく鉄道駅が3年後にオープン予定。

 その駅前の「木戸が池緑地」は、池と草地とが特色のさわやかな大きな公園。

 

 ここを新駅前にふさわしく箕面のシンボルとなるよう、さらに“魅力アップ”しようというワークショップ(会合)が、11/19(日)に開かれます。

 呼びかけるのは、「木戸が池緑地」を今年度から草刈りなど自主管理中の市民組織のNPO花とみどりグループ の「公園・緑地魅力アップ委員会」。

 

 みんなで知恵や汗などを出し、「お花いっぱいに」「ビオトープに」「イベントを開こう」など楽しいアイデアの実現を目指します。

続きを読む

箕面の公園/台風21号で大木が倒れるなど大被害

 

 箕面市では10月22日晩から翌23日未明にかけて暴風に見舞われ、公園などで大木が倒れるなどの被害を受けました。

続きを読む

親子の花育イベント『花と話そう』~ 9/18に箕面で開催予定

 

   「親子でお花と遊んでみませんか ♡」

 「マリーゴールドを摘んで、ブーケをつくったり、アレンジ生け花したり♪」。

  こんなキャッチコピーで、NPO花とみどり と みのお園芸ファーム とが“花育”イベントを企画。

続きを読む

箕面の市民組織が公園管理、《草地管理》へ草刈りボランティア募集・8/19に説明会

 

 NPO花とみどりグループの「公園・緑地魅力アップ委員会」が、かやの中央地域の公園「木戸が池緑地」の管理を始めます。

 

 以前から地域自治会などによる公園の「自主管理」(清掃・草刈り・花壇の世話など)は行われていましたが(既に100団体余。箕面市)、今年度から市は管理組織への交付金を増やすなどして、この「自主管理」をさらに広げようとしています。

 

  同「委員会」が公園の管理に乗り出す目的は、交付金による花とみどりの活動資金確保もありますが、本来のミッション(使命)である“公園の魅力アップ”にモデル的に取り組むことです。

 

 市民の間に「箕面の公園はお花なども少なく、さらに魅力アップを」との声がある中で、その取り組みが注目されます。

続きを読む

市民のささやかな願い通じ・・ “芙蓉の花”は残った!

 

 「切らないで」との市民のささやかな願いが通じて、箕面の幹線道路の街路樹帯の“芙蓉(フヨウ)の花”が救われ、今、見事に開花・・。

 

 市からの委託園芸事業者さんが街路樹帯のツツジのせん定やお掃除をする際、こうした樹木はしばしば刈り取られるのが通例・・。

続きを読む

《花とみどりのウェブ美術館》オープン・・初回は珠玉の『花のしずく』

 

 箕面の花とみどりのアート作品を公開!。
 まずは、箕面のアマチュア・カメラマン さんの作品『花のしずく』。

 

続きを読む

緑あふれる大温室で 第2期 『中級コース』 楽しく開講 ~ 「箕面・花とみどりの学校」

 

 市民の手による「箕面・花とみどりの学校(校長:甲角(こうすみ)裕子さん)」が、大阪コミュニティ財団(大輪会ふれあい基金)の助成を受け、このほど市内の緑あふれる大温室を借り第2期生などのフォローアップのための『中級コース』をスタートさせました。
 申し込んだ生徒さんは、14人(2期生12人、「中級コース」を受けなかった1期生2人)。

 

 会場は、園芸店・グリーンバレイ(箕面市桜1丁目)の高さ6mの大温室。
 豊富な花苗などを見ながら「花とみどりの臨場感の中で学ぼう!」がねらい。

続きを読む

箕面で“アオサギ・コロニー”「発見」~ やや珍しい!?

 

 「アオサギの団地みたい」と、箕面で見つけたアオサギ・コロニー(集団営巣地)の話題を、「なかよし自然観察会」リーダーのWさんがEメールで情報発信。

 

  早速、現地へ。
 場所は、箕面市粟生外院1丁目の「西の池」。
 市の「第2総合運動場(スポーツセンター)」の東南に接する国道171号沿い北側のため池です。

続きを読む

畑から直行・直販! 香りたつ採りたて「いちご」~石丸・尾崎造園さん

 

 田園に囲まれた萱野東小のそばに、箕面では珍しい「いちご」の直販が・・との情報が入ったのは去年。でも行ったら、シーズン終了で残念!


 今年こそは・・と、「いちご直販所」の幟(のぼり)が立つ尾崎造園さんを再訪問。新鮮な「いちご」をゲット。

続きを読む

「もう一花」・・シーズン終えるパンジーの 『花水盤』 登場/春のマルシェ

 このゴールデンウィークに花とみどりの“春のマルシェ(市場)”が、かやの中央の映画館前広場(市民活動センター正面)で開かれました(4/29)。

 

 まず目をひいたのは、美しい『花水盤(はなすいばん)』の登場!
 近くの公園花壇で間もなくシーズンを終えるパンジーたちに「最後にもう一花(ひとはな)咲かせてもらおう」と、「みのお園芸ファーム」がデモンストレーション用に摘みとって工夫・・・。

 

 水玉を乗せ水面いっぱいにたゆたゆ揺れるお花に、来訪者・スタッフ問わず皆さんから「きれい!」の声が・・。

続きを読む 0 コメント

お花の季節 4/29に箕面で “春のマルシェ” テスト開催・・「NPO花とみどり」など5団体

 

 4/29(祝)に花とみどりの“春のマルシェ”が、箕面市かやの中央で開かれます。

 

 「NPO花とみどり」など5つの市民団体が、箕面でのお花の季節にふさわしいイベントを目指して、今年はとりあえずテスト的に取り組むものです。

 

     ◆  春の マルシェ(市場)開催 ◆
日時:4/29(祝) 午前10時~午後4時
場所:かやの中央(キューズモール)の “映画館前 ひろば" 
   (「かやのさんぺい橋」西詰め/「市民活動センター」の正面)
内容:
 ①  寄付つき 配布
   マリーゴールド・ハーブ・野菜(なた豆茶など)の苗
   カブトムシ(幼虫) ※先着10人まで。育成器は各自で用意。
 ② 体 験
   ハーブティーの試飲
   竹とんぼ づくり(工作教室)
      たんぽぽ の いろいろ(主に展示)
共同開催:みのおエコクラブ/みのお園芸ファーム/花壇をつくろう会/生きもの会議/NPO花とみどり(世話役)

続きを読む 0 コメント

脱お正月飾り/箕面で広がる~「春まで“葉ぼたん”」の動き・・

 

 今、箕面・白島の「花咲か公園」で、“葉ぼたん”と桜が競演するというやや珍しい光景が・・・。

続きを読む 3 コメント

「箕面・花とみどりの学校」 “中級コース” ~ 1期生が学び終え、続いて2期生向け開講へ

 

 市民の手で運営する「箕面・花とみどりの学校」(甲角(こうすみ)裕子校長)は、一昨年に“基礎(初級)コース”を終えた第1期生のさらなるレベルアップを目指し“中級コース”を開講していましたが、この3月にようやく最終回を迎えました。
 資金面の制約から「前期」「後期」に分けるなど、苦労して開講していたものです。

 

 特にこの1期生の“中級コース”「後期(4回)」は、民間の「大阪コミュニティ財団」の助成を受け開講にこぎ着けました。

 

 この2/3月に開かれた最後の2回の様子を、ご紹介します。

 

★ 2月は『ハーブ』をテーマに・・

 

 2/18は、『ハーブの種類と育て方』をテーマに、秋澤孝子先生※1から学びました。
   ※1:元大阪府立園芸高校教諭 & 豊中市「花とみどりの相談所」相談員

続きを読む 2 コメント

春近し・・陽光の中、箕川沿いで“梅”と“甘酒”を楽しみ交流/活動は多様に進化中

 

   2/19(日)午前、箕面の箕川(みのかわ)沿いの遊歩道で『観梅と甘酒の会』が催され、春の到来を感じさせる穏やかな陽光の中、主に他から来て受付で記名した約70人と、スタッフなど地元の人々を含め、おおよそ100人が集いました。

続きを読む 2 コメント

2/19 箕川で 『観梅と甘酒の会』  ~  住民が作り上げた“水・花・ホタルのプロムナード”

 

 10年ほど前から、箕面・粟生外院(あおげいん)の箕川(みのかわ)沿いで、河川管理者の大阪府の協力のもと遊歩道の整備と、そこへの住民一人ひとりの思いを込めた梅の木の記念植樹が始まりました。

 

 近くの六中や箕面東高の生徒も、卒業記念の梅の植樹やスイセンの植え付けなどを・・。
 さらに、ラベンダーなど繊細な美しさの100m以上にわたるお花のベルトなども・・。

 

 今では、全長1km余りに140本に及ぶ紅白の梅や草花が咲きます。

 

 現地では、既に梅の花がほころび始め・・。
 この2/19(日)に、梅の生長を受けて住民の手で『観梅と甘酒の会』が開かれます。

続きを読む 0 コメント

春よ来い ~ 箕面・新稲で 「十月桜」 咲く

 

 今、「十月桜(ジュウガツザクラ)」が、箕面の新稲(にいな)の田園で咲いてます。

続きを読む 2 コメント

『箕面・花とみどりの学校』 2期生の80%・ 25人が修了!/園芸基礎コース

 

 市民が運営する『箕面・花とみどりの学校』の修了式がこのほど行われ、第2期の入学者30人のうち83%の25人が「園芸基礎コース」の約1年間の授業(全9回中6回以上)を無事に終え、甲角(こうすみ)裕子校長から修了証が手渡されました。(12/17)

 

 いずれも、熱心にお花づくりを学んだ生徒さんです。

続きを読む 0 コメント

この秋,箕面駅前ステージやさんぺい橋で “花苗配布”など多彩に・・花とみどりの各団体が出展

 

 この秋の2つのイベント※で、「NPO花とみどり」をはじめ各団体が“花とみどりのマルシェ(市)”として花苗配布などを行い、市民に街の緑花を呼びかけました。

 

 広いイベント会場のうち、“花とみどりのマルシェ”は通行者の多い街角に出展(店)。

   ※2つのイベントと“花とみどりのマルシェ”の開催場所
     ①『山とみどりのフェスティバル』=10/30。開催募集:箕面駅前ステージ。

                                    ・・イベント全体主催:NPO山麓委員会・箕面市
     ②『NPOフェスタ』=11/20。開催場所:かやのさんぺい橋。・・イベント全体主催:みのお市民活動センター

続きを読む 0 コメント

11/20 箕面の『NPOフェスタ』で“園芸相談・花苗配布”など~まちなかのみどりの各団体

 

 箕面で非営利&公益的活動をする団体の紹介などを目的とする『NPOフェスタ』が、11/20(日)にみのお市民活動センター(かやの中央≒キューズモール2階・西)一帯で開かれます。(午前10時~午後4時。主催:みのお市民活動センター)

 

 このイベントに“花とみどりのマルシェ(市場)”として、まちなかのみどりの6団体が参加します。

続きを読む 0 コメント

秋深し・・ 高齢マリーゴールドが見事に輝く / 箕面・花咲か公園

 

 今、秋が深まる中で、「花咲か公園(箕面市白島1丁目)」ではまだマリーゴールドが元気に咲いています!

 菊とよく似た香りが・・。

続きを読む 1 コメント

11/3 箕面で『生物多様性フォーラム』~ 若手農家が「都市農業」で報告

 

 11/3(祝)に、箕面で『生物多様性研究フォーラム』が開催されます。

 

  第1部では食べ物・農業・土砂災害防止などの「生物多様性の恵み」について、第2部ではブルーギルなど外来動物の影響・シカの食害などの「生態系の保全と再生」についての報告です。

 

 いずれも、忘れがちな生物多様性の恩恵に、箕面の現場からの“身近な自然”を大切にする立場からの最新報告とみられます。

続きを読む 0 コメント

10/30 『山とみどりのフェスティバル』/箕面駅前ステージでは“花とみどりのマルシェ”開催 ~ 花苗配布や園芸相談など

 

 10/30(日)の午前10時~午後4時、箕面の山と街にわたるみどりのPR(啓発)や市民の活動紹介などを行う『山とみどりのフェスティバル』が、箕面駅~瀧安寺の滝道沿いで開かれます。

 

 “まちなかのみどり”関係は、“花とみどりのマルシェ”として主に箕面駅前ステージ(「足湯」の南側)で開催。

続きを読む 0 コメント

市民パワー生かす都市緑花のモデル・豊中市『花とみどりの相談所』 / 箕面市民らが見学

 

 10/14、箕面の市民たちが豊中市立『花とみどりの相談所』を見学しました。

 

 参加者は「箕面・花とみどりの学校」の生徒6人、親子でお花に親しむ活動に取り組む組織から1人、「NPO花とみどり」や「学校運営委員会」のメンバー4人で、計11人。

 女性8人+男性3人で、女性主体の見学会になりました。

 

 同『相談所』側は、所長さんをはじめとする市職員、ここで学びここを拠点に日々活動する市民組織「豊中緑化リーダー会」の皆さんが対応。

続きを読む 0 コメント

10/14 豊中『花とみどりの相談所』の見学会  ~  箕面での“市民園芸拠点”づくりへ向け

 箕面で“花とみどり”の取組が進む中で、この10/14(金)に豊中市『花とみどりの相談所』の見学会が開かれます。

 

 同『相談所』は園芸相談や講座などとともに、同市の花壇づくりを含む緑化ボランティアたちの“活動拠点”にも・・。

 

 見学会は「生徒向けの学習機会に」とする「箕面・花とみどりの学校」と、「いずれは箕面でもこうした機能を」と構想中の「NPO花とみどり」(まちなかのみどりのコーディネート組織)とが連携して開催。

続きを読む 0 コメント

笑顔に包まれ・・ 幼児&育児ママが お花と触れ合う 《花育セラピー》 テスト成功!


 9/26に開かれた「花と話そう」親子でお花と触れ合うテストイベントは、参加は親子3組(6人)+大人2人でしたが、いっぱいのお花と笑顔に包まれ、一応、成功。
  ※他に世話係5人+取材のFM放送・タッキー1人で、総勢14人が参加。

 

 まず、一行はかやの中央のみのお市民活動センターに集合後、近くの古井戸公園の花壇を訪れお花摘みに・・。

続きを読む 0 コメント

箕面で《親子でお花に触れ合うイベント》  9/26  開催 ~ “花育”&“ママの癒し” めざし


 「親子でお花と遊んでみませんか」とのイベントが、開かれます。
 今問題の保育問題に、「お花」の面からいささかの貢献を・・という試み。


 同時に近くの公園で夏花壇 → 冬花壇への切り替え時期に伴い、不用となるお花の有効活用のねらいも・・。

続きを読む 0 コメント

ウェブサイト 『見て見て! 箕面のお花!』 にぎわう ~ イメージは “お花あふれる街・箕面”

 

 この4月にオープンした箕面で見つけたステキなお花の写真を投稿してもらうウェブサイト=Facebookグループ『見て見て! 箕面のお花!』が、にぎわってます。

 

 スタートから4か月半、市民の皆さんから投稿されたお花の写真は延べ240点ほどに・・。
 その一部を《連続写真》にして、ご紹介。

続きを読む 0 コメント

夏! 炎天下! 汗だく ! ・・ でも 身も心もさわやかに  ~  住民たちが箕面川で “草刈りイベント”/瀬川

 

 梅雨明けの7/18(祝)、箕面市瀬川で住民が恒例の箕面川の“草刈りイベント”を開催。

 全国的な「海の日」の取組の一環で、“内陸の川をきれいにすることで、海もきれいにしよう”がテーマ。

 

 呼びかけたのは、消防団瀬川分団のOB会。
 若い現役消防団員を含む地元の住民に、付近の河畔林保全などに取り組む瀬川親水・散策の場をつくる会メンバー、河川を管理する大阪府池田土木事務所職員など・・、総勢約40人。

 いわゆる村の人だけでなく新住民や行政が参加してるのが、大きな特徴。

続きを読む 1 コメント

箕面「古井戸公園」で “マリーゴールド” が見事に満開! 〈放置花壇〉復活のヒミツを探る

 

 盛夏を前に、今、箕面市かやの中央地区の「古井戸公園」の花壇で、マリーゴールドが見事に満開です!

 

 これだけたくさんのマリーゴールドが咲く花壇は、やや珍しい!

続きを読む 0 コメント

あでやかに和やかに “第3回 バラ祭” 多彩に開催 ~ 箕面・粟生外院

 

 この5/21・22に箕面・粟生外院のバラ園(南北2園。経営:久保ノリ子さん)で、“第3回バラ祭”が開催されました(主催:同バラ祭実行委員会(委員長・辻本幸夫さん))。

 

 2日間で、約800人(推計※)が来場。
 昨年は約千人だったので、今年は暑さで出足がやや鈍ったよう・・。
         ※来場者数推計=資料配付実数は670枚。家族連れなど全員が受け取らないケースもあり、目測で1.2倍に。

続きを読む 0 コメント

さわやかに花咲きスタンバイ・・5/21・22 箕面・粟生外院で「バラ祭」

 

 先日の大雨にも負けずバラの花は、さわやかに咲いてます。
 この5/21(土)22(日)に、箕面市粟生外院で「第3回バラ祭」が開かれます。

続きを読む 0 コメント

マリーゴールドの苗を「育て方」付きで配布/千中イベントで・・NPO花とみどり&園芸ファーム

 

 4/29に千里中央のせんちゅうパル北広場で、箕面のみどり関連イベント※が開かれました。
  ※「みどり生き生き みのお生き生き 体験フェア」(NPO山麓委員会主催)。

 

 そのイベントで「みのお園芸ファーム」と「NPO花とみどり」とは共同で、箕面のボランティアがタネから育てたマリーゴルドの苗を配布。
 豊中・吹田・箕面などにわたる「北摂の街をお花いっぱいに!」と呼びかけました。

 

 開花が間に合わずまだつぼみの苗だったのですが、咲けば各々レモン色(黄色)・オレンジ色・濃い縁どりある黄色の3種類を配りました。

 

 「4つ貰っていきます」など受け取った人は、笑顔で楽しそう・・。

続きを読む 1 コメント

「たんぽぽ調査」に ちびっ子いっぱい?! →  自然とふれあう “お茶会” 楽しむ

 

 4/16(土)の「たんぽぽ群生地調査」の催しに、“ちびっ子たちがいっぱい参加”という想定外の状況が・・!!

 なぜこうしたことが起こったんでしょう?

 

 内訳はちびっ子&ママが4組・大人の女性が2人・スタッフが4人、合わせて大人10人+子ども7人(赤ちゃん~小学1年生)の総勢17人。

 

 6年ほど前からほぼ毎春続く「たんぽぽ調査」の催し。
 カフェ方式で開いても、今までは大人が中心。

 今回の“ちびっ子いっぱい”には、主催の「生きもの会議」もちょっとびっくりポン!

続きを読む 1 コメント

太陽いっぱい! たんぽぽいっぱい! 4/16(土)に 箕面で調査&お茶会

 

  「たんぽぽを調べに でかけよう!」と、箕面の『生きもの会議』(リーダー:石田達郎さん)が呼びかけてます。


 子供でも飲めるノンカフェインのたんぽぽ茶を用意し、太陽の下でお茶会もやるそうです。
 親子連れなどで、参加してみませんか!

 

*** たんぽぽを調べに でかけよう! ***
日時:4/16(土)10時~12時(雨天中止)
集合:みのお市民活動センター※前の広場
   ※かやの中央(キョウーズモール)の映画館の北側。
内容:たんぽぽのお話し
   周辺の田んぼなどでたんぽぽ群生地の調査
   太陽の下でたんぽぽのお茶会
費用:無料(募金をよろしく)
対象:どなたでも(小学校低学年生は保護者同伴)
申込:不要
主催:生きもの会議
協力:NPO花とみどり & NPO山麓委員会
問い合わせ:電話:072-728-5887(石田)

続きを読む 0 コメント

春本番!  石丸のチューリップ畑 ~ 満開!

 

満開の石丸のチューリップ畑がです!
いよいよ春本番・・。

続きを読む 0 コメント

雨のち “桜のじゅうたん” ~  箕面・船場西の公園

 

 箕面では、桜の満開を目前に風雨、お花見は肩すかし・・。
 でも、そのかわりに“桜のじゅうたん”が出現!

 

 早速、約500m桜並木が続く船場西のプロムナード公園へ。

続きを読む 0 コメント

箕面駅近くで  “ザ・菜の花畑” 出現!~ 農家さんが街の潤いづくり・・・

 

 阪急箕面駅の東へ5分のスーパー「サンディ」の直ぐ横で、いま“菜の花”が満開!

続きを読む 0 コメント

国立環境研発表:新タイプの農薬で  トンボ減少!/箕面のヘイケボタル激減解明にもヒントか

 

 この3/16に国立環境研究所が、約15年前以降に登場し従来の農薬より毒性が低く人・魚・ミジンコなどに悪影響はないとされてきた期待の新タイプ稲作農薬・3種類について、トンボへの影響を調べた次の結果を発表。


 1)(批判が出ていた)ネオニコ系(ネオニコチノイド系)などより、フェニールピラゾール系農薬(フィプロニル)で、トンボの幼虫(ヤゴ)の生息数の大幅減少などの影響が出た。

 

 2)これらの農薬の水中濃度は徐々に低下、しかし一方、水底の土中濃度はほぼ横ばい。

 

    ※ 新タイプ農薬=浸透移行性殺虫剤=根や葉から吸収され植物を食べた虫が駆除される。

続きを読む 0 コメント

春風 とともに 30人が入学 ~ 第2期 「箕面・花とみどりの学校」 スタート!

 

 2/27(土)に、第2期「箕面・花とみどりの学校」(同学校運営委員会)の「園芸基礎コース」がスタート!
 新たに生徒さん30人が入学。


 その約90%が女性。

 中には、0歳児の子育て中ながら「ぜひ学びたい」とやって来た若いお母さんも。

 

 前回(第1期)は9月から始まったのですが、実習を伴うお花づくりの勉強は春からが適してると、今回は春間近の2月からの開始に切り替えました。

続きを読む 0 コメント

春が来た! 河津桜が早くも満開、箕面の「かやの広場」

 

 春が来た! 
 箕面の「かやの広場」※で、河津桜(カワヅザクラ)が早くも満開!
                   ※ かやの中央≒キューズモールのイオン店の南側。

続きを読む 1 コメント

間もなく春! 箕川プロムナードの “梅” 開花 ~ 2/21 に自然共生に学ぶ「見学会」

 

 「梅が咲きはじめた」との情報が、花のプロムナードづくりやホタルの保護などに取り組む「箕川(みのかわ)・水とみどりの会」(会長:高山さん)から届きました。

続きを読む 0 コメント

野生の生きものとの共生を語ろう! ・・ 2/11に 《カフェ》 開く

 

 箕面での生物多様性の保全とアップをテーマに活動する「生きもの会議」(代表:石田達郎さん)が、2/11(祝)に《生きものカフェ》を開きます。

 

 お茶を飲みながら、「箕面での野生の生きものとの共生の道を語ろう!」と広く呼びかけてます。

 

(注)生物多様性:様々な生物(動物・植物・微生物)が存在していること。これらが様々な生態系を形成し、植物による酸素の供給など人類の生存基盤となり、昆虫が行う受粉による開花・結実など多くの恵み(生態系サービス)を受ける。

続きを読む 0 コメント

“寄付つき商品”で市民活動応援し 《みのおチャリティタウン》 目指す/「NPO花とみどり」も参加

 

★ 19店と提携、2月末まで実施

 

 今、箕面では「あなたのお買い物が地域を元気に」を掲げ、市民(消費者)に提携19店での「寄付つき商品」を買ってもらい、その寄附で市内のNPO(今回は3団体※1)を応援し箕面のまちを元気にして《チャリティタウン※2》を目指すプロジェクトが展開中(12月 ~ 2月)。

 

※1 寄付先NPO:NPO花とみどり/認定NPO法人箕面こどもの森学園/箕面の山パトロール隊(順不同)

※2 チャリティタウン:郷土愛を含む博愛精神に基づき、人々の寄付(善意)に支えられた公益的な市民活動(社会貢献活動)が活発なまち。

 

 主催は、市民活動の中間支援組織の「市民活動フォーラムみのお」(みのお市民活動センター指定管理者。理事長:須貝(すがい)昭子さん)。

 

★ お店-市民-NPOの “心の交流”も

 

 このプロジェクトは今回で5回目(5年目)で、前回の成果は寄付総額:12万8,996円、寄付参加者数:4,468人(主催者資料)。 

 

 このプロジェクトは、【お店(商業者)】-【市民(消費者)】-【NPO】の3者が「商品購入」と「寄付」などを通じて結びつきやがては“心の交流”が生まれるウィンウィンの関係づくりがねらいで、箕面の《チャリティタウン》としての成熟を目指すといいます。

続きを読む 0 コメント

生徒さん募集の受付終了 ・・ 第2期 『箕面・花とみどりの学校』

 

 『箕面・花とみどりの学校』の第2期の園芸基礎コース(初級クラス)の生徒さん募集は11月から始まり約2か月、おかげさまでこのほど予定の30人に達し受付を終了しました。

 募集にご協力いただいた皆さん ~ どうもありがとうございました。

続きを読む 0 コメント

あったかお正月・箕面で早くも 紅梅 が開花 / 暖冬(≒温暖化)傾向がお花などに影響

 

  箕面では、フツーなら2月に咲く「梅」が、早くもお正月に開花!

 

 気象庁HPでは、「梅」の開花前線は平年(注1)なら1月中旬の沖縄からスタートし北上。
 しかし今シーズンの開花は12月から、高松で14日(平年より37日早い)、奈良で27日(同40日早い)、松山で28日(同9日早い)。
 今までのところ、この3か所平均で平年より約1か月(29日)も早い開花ペース。
 (沖縄や大阪はまだ・・)

 

 大阪の「梅」の開花は、平年は2月10日。
 しかし、箕面では既に“紅梅”が開花【写真】。
  大阪管区気象台の「梅」の開花(宣言)は間もなくでしょう。

(気象台は、全国的に別品種の“白梅”で判定)。

 

  注1: 平年=過去30年間の平均。(現在は1981~2010年間平均。10年ごとに更新) 

続きを読む 0 コメント

も~ いくつ寝ると お正月♪  ~ お餅つきとコラボの “葉ぼたん” 配布 が大好評!

 

 12/19(土) 午後、「みのお市民活動センター」でチャリティのお餅つき※が開かれ、これとコラボ(提携)した「NPO花とみどり」が“葉ぼたん”を寄付付きで配布。

 

 お正月を前に紅白の“葉ぼたん”はとても好評、夕方までに用意した56セット全部※が引き取られ「完売」!

 

※ このお餅つきは、箕面のNPO応援が目的のチャリティタウン・プロジェクト(資金確保)の一環。主催:市民活動フォーラムみのお。
※  葉ぼたんはみのお園芸ファーム提供:寄せ植え用3本一組×33セット+寄せ植え鉢6セット(合計約120本を配布)。メンバーがタネから育てたもの。

続きを読む 0 コメント

華麗な空中花壇=ハンギング・バスケットを学ぶ ・・「箕面・花とみどりの学校」フォローアップ講座

 

 「箕面・花とみどりの学校」のフォローアップ講座(中級クラス)の12/12の第3回目の授業は、空中花壇(立体花壇)=ハンギング・バスケットづくりを実習。

 

 「イギリスで発達したハンギング・バスケットは、約20年前頃から日本にも広がり始めました」・・講師の甲角(こうすみ)さんは、まずイギリスでのベランダや街角を飾る見事なハンギング・バスケットの例をパワーポイント画像で紹介。

 

 ハンギング・バスケットは、少なくとも日本では比較的新しい園芸技術らしい。
  この日、参加した生徒さん(18人)も、約半数は初めての体験。

続きを読む 0 コメント

生徒さん募集 ~ 『箕面・花とみどりの学校』 第2期・2月スタートへ向けて


★ 「“お花”で 心やさしいお庭・お友達・街角」を掲げて ★


 『箕面・花とみどりの学校』(同学校運営委員会)が、第2期の「園芸基礎コース」の生徒さんを募集中!


 “家庭+街角”の緑花へ向けた人づくりが目的で、「“お花”で 心やさしいお庭・お友達・街角」をと呼びかけてます。

 既に第1期生約30人がこの7月に「園芸基礎コース」(初級クラス)を終え、うち約20人が10月からの「フォローアップ講座」(中級クラス)へ・・。


  これを受け新たな生徒さんを募集し、来年2月末から第2期の「園芸基礎コース」をスタートさせるものです。

続きを読む 0 コメント

【ご案内】 12/1 豊中市 「花とみどりの相談所」 見学会

 豊中市の街の緑化(緑花)に大きく貢献している「花とみどりの相談所」を見学させていただきます。


 この「相談所」は、市民からの園芸相談を受けるとともに、市民を対象に緑化リーダーを育成し、そのリーダーたちによる花苗や花壇づくりの活動拠点ともなっています。
 箕面など“まちなかのみどり”とその拠点づくりに、たいへん参考になると思われます。


■豊中市「花とみどりの相談所」見学会■
日時:12/1(火)午前10時~正午
集合:阪急曽根駅改札口:午前9時45分集合
   車の方は公園の駐車場に止め、同相談所の入口に10時に集合
内容:同相談所や市民ボランティアの活動内容のヒアリング。
   育苗施設(ミニ温室など)の見学。
   緑化リーダー(ボランティア)の方々との交流。
無料・雨天決行・どなたでも参加OK
申込み〆切;11/24(火)
申込み方法:氏名・電話などをご連絡ください。
   Eメール:shigemoto00★dolphin.ocn.ne.jp  (送信時には★を@(半角)に)
   電  話:090-4901-6693
主催:NPO花とみどり・箕面
       
【豊中市「花とみどりの相談所」への行き方】
所在地:〒561-0804 豊中市曽根南町1-4-1(豊島公園内)
行き方:
 ① 電車=阪急曽根駅から南へ徒歩5分、豊島公園の北の端。
 ② 車=国道176号の曽根駅付近の「城山町2丁目」交差点を西へ400m
             ↓
     阪急電車ガードの手前「曽根東町6丁目」交差点を南へ
             ↓
     阪急線沿いに200m付近で西へ折れると、線路の下をくぐって駐車場入口へ。

続きを読む 0 コメント

実践的な 「フォーローアップ講座」 開く-基礎コース修了生向けに/箕面・花とみどりの学校

 園芸の人材の育成を目指す「箕面・花とみどりの学校」は、この7月に第1期の園芸基礎コース(初級クラス)を終えた修了生限定で、より実践的な「フォーローアップ講座(中級クラス)」を開催。

 

 第1日目の10/31は箕面のしにせ園芸店・グリーンバレイ(桜地区。戦前から開業)の緑あふれる大温室の中で開かれ、生徒さん14人にスタッフ含め22人が参加。

 

 長らくこの店の経営にかかわってきた園芸専門家の神代(かみしろ)繁近さんを講師に、「植物の選び方と栽培のポイント」を学びました。

続きを読む 0 コメント

お正月を “紅白葉ぼたん” で飾ろう!~ 苗 100セット配布/箕面のイベントで「花とみどりのマルシェ」が・・

 10/18に「かやの広場」などで開かれた「山とみどりの市民イベント」で、まちなかのみどりに取り組む諸団体による“花とみどり マルシェ”のテントでは、「お正月を“紅白葉ぼたん”で飾ろう!」と呼びかけ葉ぼたんの苗を配布しました。
 
 この苗は、「みのお園芸ファーム」のメンバーがタネから育てたもので、紅白の苗をセットにし116セット(232ポット)ほどを配りました。

続きを読む 0 コメント

11/1に第8回“お花の街めぐり” ~自治会が地域緑花に取り組む「粟生新家」の住宅街


 11/1(日)の午後、箕面市粟生新家(あおしんけ)地区の住宅街を対象に、第8回を迎える“お花の街めぐり”を開催します。

 この住宅街では、各家庭とともに、自治会などが道路際などの地域緑花を進めているのが特色です。


 秋の午後、お花咲く住宅街を歩いてみませんか。


◆ 第8回 お花の街めぐり ◆
日時:11月1日(日)午後1時半~3時半
集合:国道171号沿い阪急バス「小野原西」停留所(道路の北側)
場所:粟生新家の住宅街一帯
無料・小雨決行
主催:NPO花とみどり
連絡先:担当・佐藤(090-5651-0259)/NPO事務局(090-4901-6693)

続きを読む 0 コメント