「箕面・花とみどりの学校」生徒さん募集終了 / 第3期スタートへ

 

 生徒さんを募集していた「箕面・花とみどりの学校」(運営委員長・甲角(こうすみ)裕子さん)は、このほど応募が定員に達し募集を終了。


 この2/23(土)から「みのお市民活動センター」などを会場に、第3期「園芸基礎コース」がスタート。

 

 11月下旬からの募集はちらし(3千枚)を配布するなど進めましたが、年末年始を挟んだことなどから応募があまり進まず・・。


 そこで年明けから取組を強化、幸いにも1月後半から応募が伸び出し定員オーバーへ(33人)。

 

 大きく伸びたのは、年明けからの主に3つの理由から・・(推定)。
  ① 関係者がPR・働きかけを強化。
  ② ちらしを増刷(1千枚)し、市内家庭にポスティング(一部地域で・・)。
  ③ 新聞社などに働きかけた結果、「朝日」などが紹介してくれた。


  ①をベースに、②③で1月後半以降に十数人の応募に結びついた・・とみられます。

グラフは最終が36人ですが、調整を経て33人へ(教室の大きさからこれ以上は増やせず)。
グラフは最終が36人ですが、調整を経て33人へ(教室の大きさからこれ以上は増やせず)。

 

 今年度、「NPO花とみどり」などが目指す“反転・攻勢(従来の行政助成の依存からの脱却)”の取組の中心の一つが、新たな人材育成を目指す第3期「花とみどりの学校」の自力スタートへのチャレンジ(今回の「基礎コース」は助成金を受けず・・)。

 

  おかげさまで、各方面の応援で「花とみどりの学校」の継続・発展へ・・。
 応援&応募していただいた皆さまに、心から感謝します。


 

          (NPO花とみどり&箕面・花とみどりの学校運営委員会)