3/15 「箕面のため池」フォーラム開催 ~ 水利組合+市民+市で

 この3/15(日)に、景観フォーラム「箕面のため池」が開かれます。
 「“地域の宝”としてため池を保全し活用しよう」と、主催する「暮らしの景観研究会」は呼びかけています。


 ◆◆景観フォーラム『みのおのため池』◆◆
【日時】3/15(日) 午後2時~4時半
【場所】中央生涯学習センター3階講座室(中央図書館の上。阪急箕面駅から東南へ徒歩7分)

【プログラム】
 ① 報告:箕面のため池の「魅力」と「魅力アップ」(暮らしの景観研)
 ② 講演:「ため池」を守り生かし次世代につなげるために(池本廣希 兵庫大教授・いなみ野ため池ミュージアム協議会副会長)
 ③ パネルディスカッション
  コーディネータ:加我宏之 大阪府大准教授
  メンバー;水利組合・市民・箕面市
【主催】暮らしの景観研究会会(代表:川端さん) 
【連絡先】辻本さん(072-728-1220)

ため池フォーラムのちらし。写真は桜池(新稲4丁目)
ため池フォーラムのちらし。写真は桜池(新稲4丁目)

 このフォーラムには、多くのため池を管理する農業用水利組合(農家)、市民。行政が参加し、語り合う予定です。


 ため池は田んぼへの用水の供給以外にも、人々のやすらぎや生きものの生息の場など多様な役割を果たしてます。

桜が二倍楽しめる!!(薩摩(さつま)池・白島3丁目)
桜が二倍楽しめる!!(薩摩(さつま)池・白島3丁目)
情緒豊かな街の池(沼田池・今宮2丁目)
情緒豊かな街の池(沼田池・今宮2丁目)
水鳥の観察&撮影(木戸ケ池・西宿1丁目)
水鳥の観察&撮影(木戸ケ池・西宿1丁目)

 ところが市街地が広がる中で田んぼが減少、農業用水の面では不用になったり利用農家が数軒以下のため池も出始めています。


 中には、古自転車などのごみを池に捨てたり、フェンスを乗り越え釣りをするだけでなく釣り糸やごみを放置していく人たちもいます。


 水利組合の農家の人たちには、米づくり用の水の管理だけでなく、捨てられたごみの掃除や堤防の草刈りなど多くの負担がのしかかっています。


 こうした中で、フォーラムではみんなで《貴重なため池を次世代に引き継ぐ》にはどうすれば良いかを話し合います。



【コメント】生まれるか-箕面でのため池の保全&活用の動き


 箕面でのため池のフォーラムは昨年に続き2回目で、箕面のため池の再評価やフェンスで隔てられてきた人々とため池との関係をどう再構築していくか、さらにはため池の新たな活用アイデアなどがより深く話し合われる見通しです。


 直面する課題は、都市化の中で衰退しつつあるものの貴重な公益的役割を果たすため池を、民間施設として水利組合の農家だけに管理の負担を押しつけておいていいのか?です。


 市民のボランティア活動や、みどり新税(緑化負担税)という新財源を生み出しつつある市行政がどうかかわっていくか-できればそのための話し合い場を生み出したいというのがねらいとみられます。
  
                          (NPO法人 花とみどりの街づくり 事務局)