しおれても ,しおれても 復活・・サンパチェンスの花

★ 炎天下~数時間でダウン ★

 

 お花屋さんで「春~秋へかけて咲き、日陰でもOK」と聞き、トロピカルな色(この花のキャッチフレーズ)と花期が長い(さぼれる)のとが気に入って、北向きの玄関周りにと、まず3株買いました。

 

 鉢植え後、木陰で数日休ませて、まず「ちょっと元気つけたろ」と数時間ほど陽が当たる場所へ。

 

 夕方、見に行ってビックリ!
 3鉢とも葉っぱと花とが「枯れてる?!」、特に1鉢の葉はチリチリ。

 

 「しまった」「失敗した」、あわてて日陰へ・・とりあえずダブダブとお水で緊急治療・・。

 

★ 翌朝には、復活! ★

 

 お花についてる『注意書』には、「強光線下などで、葉がしおれる・・」とありますが、同時に「夏の暑さに耐え、・・になたでも・・よく育ち・・」とも・・。
  「どうゆ-こっちゃ??」

 

 ところが、翌朝、見に行くと、花も葉もみんな元気! みごと復活!
 再び「どうゆ-こっちゃ??」

 

★ 炎天下の“過酷実験”へ ★

 

 そこで、お花には気の毒ですが、勉強のため1鉢で“過酷な再現実験”を・・。

.

 

① 午後1時半

 ・・1鉢を炎天下に。
  鉢の表土は黒いのに、ご注目。

      2日ほど前に十分に水やってます。

② 午後3時
 ・・1時間半経過。
 もう花も葉もしおれ出して・・。

③ 午後6時
・・4時間半経過。
 葉はかなりゲンナリ・・。
   花は、完全にしぼんで・・。
 夕陽のせいもあるんですが、
 葉は黄色く見えます。

④ そして、夜・・

    かわいそうだけど、

 お水はあげてません。

「しおれる度に水やりをすると

過湿で根腐れを起こす・・」

(注意書)

⑤ 翌朝 午前10時半
 ・・葉も花も、ほぼ完全に復活!
  お花はダメージ(傷)を受けてますが、
  株の右上では、新しい花が開いたもよう。
  トロピカル色のお花がきれい。
※ いったん“しぼんだお花”が咲くのは、やや珍しいのでは?

★ フェニックスのように“復活するお花”★

 

 しおれても、しおれても、そしてココが「ポイント」、“水をかけなくても”フェニックス(不死鳥)のように復活するらしい・・。
   ※ もちろんサボテンと違って、通常の適度な水やりは必要。

 

 フツーの植物は、適度な水分があれば、サンサンと陽を浴びて光合成します(喜んでるように・・・)。

 

 サンパチェンスは、適度な水分があっても強い陽光ではしおれにしおれ、そしてしぼんだお花を含め復活・・そしてしおれても(過度の)水やりはよくない・・不思議ですね。
 
【コメント】
 実験した株は、園芸店で日陰で育成されてて、強い陽光に十分に馴れてなかった可能性もありますが・・・。
 皆さんのご経験では、いかがですか・・。

                          【プロジェクトみどり/しげもと】

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    フェイスブックへの投稿(転記します。事務局) (土曜日, 13 7月 2013 09:55)

     サンパチェンスの花は、インパチェンスの改良品種。、元々水辺に咲いていた花なので、お水が大好き。インパチェンスもこの猛暑で毎日完全に干上がってしまいますが、水をやると、また元気になります。

  • #2

    しげもと (土曜日, 13 7月 2013 10:04)

     ありがとうございました。大体、わかってきました。サンパチェンスは、炎天下は避け、明るい木漏れ日の多い木陰などに置き、適度にお水をあげるという感じですね。やってみます。