蓮池の黄菖蒲 満開!

 箕面市箕面5丁目にある蓮池(はすいけ。芦原公園の芦原池となか(中)幼稚園との間にある農業用ため池)の黄菖蒲(きしょうぶ)が、今満開です。

 この池は昨年までは雑草に覆われ黄菖蒲もよく見えませんでしたが、管理している水利組合が3年かけて池の周辺部を整備することになり、昨年秋に草刈と大掃除を実施しましたので、写真のように見事な黄菖蒲が一面に咲いているのが見えるようになりました。鴨の姿も見られます。

 

 再来年には周辺部も完全に整備され、生息する鳥や昆虫、さらに植生も生かしたビオトープとして市民の憩いの場所になるものと期待されています。


                                                                         (以上、五藤さん投稿。写真も)


-------------------------------------

 早速、5/18付『産経新聞』が、このことを紹介(北摂版で)。
 記事では、市の公園みどり課は「市民参加で環境整備や浄化を続ける方式を考え、親しんでもらえる池にしたい」として話してます。

 要注目! これからの箕面のため池の環境整備のモデルになってくかも・・。

-------------------------------------

 なお、蓮池はかつては草ボウボウ(見苦しさでは、市内トップクラスの池)。
 これを五藤さんをはじめ地域からの粘り強い働きかけで、昨年秋にようやく草刈りが実現(既報。下記参照)、今春、池のキショウブの花が見やすくなりました。

「箕面5丁目の“蓮池”・・久々の草刈りで、スッキリ」
               ↓
http://www.voluntary.jp/weblog/myblog/732/45154#45154

 

 また、五藤さんなども参加する箕面の市民シンクタンクといえる「暮らしの景観研究会」(代表:川端さん)は、今年度は“ため池”を取り上げ、そのあり方などを調査・研究する予定にしてます。

 

                                              【プロジェクトみどり事務局】

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    プロジェクトみどり事務局 (土曜日, 25 5月 2013 19:44)

     蓮池の付近を通りがかった関係者からの連絡です。
     「キショウブの池の前を通ったら ハナショウブという記事が 張り出されていました」
     上記の記事をどなたかが張り出していただいたようですね。