早々と落ち葉対策・・街路樹をチラチラ方式で散髪/箕面市中央線

.箕面市の中央線で、ポプラ並木の散髪(せん定)が始まりました。
  大量の落ち葉にクレームが出る前に、先手を打ち葉っぱを取り除こう・・とのことのよう・・。

 

 従来は「丸坊主」にすることが多かったようですが、「せっかくの黄葉期を前にブスイな」などのクレームが・・。

 そこで両方向のクレームの中をとって、今回にはさわやかにいくらかの青葉を残したようです。
 いわば、「チラチラ(せん定)方式」。

 

 

.下は、散髪(せん定)前の樹木です(写真)。
 人にもよるでしょうが、陽射しが弱くなる秋には、やや“うっそう”と感じるかも・・。

散髪前の街路樹
散髪前の街路樹

 

.作業中の若い造園屋さんに声をかけると、「市の指示です」「(丸坊主方式よりも)緑が残り、見え(見栄え)が良くなる」「でも、手間はかかる」と苦笑い。

せん定中の様子
せん定中の様子

.いずれ必要となるせん定を兼ねたのかもしれませんが、落ち葉対策のためにわざわざのせん定は本来は必要ない作業(経費支出)ですね。

 

 市民の間には落ち葉などを巡り様々な意見があり、調整されていない結果ですね。
 皆さんはどう思われますか?

befre(向こう側) & after(手前)
befre(向こう側) & after(手前)

※ 10/23撮影。市役所~中(なか)小学校手前の間の中央線で。

 

                     (NPO 花とみどりの街づくり 事務局)